私のラブライブ!

春ABモジュールの期末テストは無事乗り切りました。

7月2日より新学期につき、授業のコマ数が減って比較的楽になります。

 

7月4日

劇場版ラブライブ!を観てきました。

なぜこのタイミングなのかというと、

4週目の来場者特典が3年生の色紙だったからです。

そしてなんと、見事えりちが当たりました。

cafe

ハラショー!

 

茨城なのに初日で特典が配布終了していて、

ラブライブ!の人気には毎度驚かされます。

 

※映画の感想はネタバレを含む可能性があります。

 

結論から言うと素晴らしかったです。

賛否両論ありますが、私は良い形でまとめてくれたと思っています。

 

 

これまでのラブライブ!をちゃんと見ている人にはわかる細かい演出や、

挿入歌をたくさん用意していた点は良かったです。

 

もとをたどればアニメラブライブ!はミュージカル調の演出をベースにしており、

物語の途中でMV風の歌とダンスを入れる形をとっていました。

今回の映画でも頻繁にこれを取り入れており、

場面の切り替わりに効果的なメリハリがついていました。

 

秋葉原じゅうをかざりつけしたりするような、

演出が時折、非現実的なくらいに過激であったりするのも、

このミュージカルベースなアニメならではのものだと思っているので、

やり過ぎだとかおかしいという印象はなかったです。

むしろこれくらい派手にやってくれて問題無いです。

 

そもそも私はアニメラブライブ!を、

考えうるストーリーの1つにすぎないと考えており、

アニメはアニメ、他は他、で区別するようにしています。

 

μ’sが終わりを告げなければならないことが確かであったとしても、

それが今すぐである必要はなく、

それを前提として今後も延々とμ’sのストーリーを積み重ねていけばいいと思います。

 

ところで、アメリカから帰国したμ’sのメンバーが、

人気が出ていることに気づいて驚いた場面での気持ちは、

まさに今までずっと応援し続けてきたラブライバーの気持ちと同じだなと思い、

嬉しくなりました。

 

ラブライブ!がここまでの人気と知名度になるまでの間、

ずっと信じ続けてきたファンがたくさんいるわけで、

ラブライバーは報われたんだなということを実感しました。

 

演出で残念だった点は、せっかくアメリカでライブをしたのに、日本での反響だけで

アメリカでの反応が一切なかったことです。

なぜわざわざアメリカにする必要があったのか、

「異郷の地で地元秋葉原を再確認する」目的にしては薄いかなと感じました。

 

また、競争ではないスクールアイドルみんなで作るライブにおいて、

全国のスクールアイドルたちがμ’sのバックダンサーのような扱いだったことです。

結局μ’sとARISEとその取り巻き、のような構図は変わらず、

μ’sがいなくなってもドーム大会が実現できるかといわれて確信が持てるような結果ではなかったですね。

(結果的にドーム大会が開催されたという描写があるにしても。)

 

ラブライブのライブシーンやMVにはファンがほとんど描かれない点は特徴的ですが、

テレビアニメ1期最終回では学校のホールをうめつくす生徒やファンたちのサイリウムの光が描かれているし、

映画でも少しくらいはそういう描写があったらよかったなと思いました。

 

1回見ただけじゃ結構記憶が曖昧なので、

ブルーレイが発売されたら買おうかなと思います。

 

アニメ2期を最後に、しばらくラブライブ!から離れておりましたが、

久々にラブライブ!に触れて、

Angelic Angelのえりち超セクシーやんとか、

相変わらず衣装がステキだなとか、

やっぱり自分はラブライブ!が好きなんだなとか、

とにかくラブライブ!最高でした。

 

結構抜けている知識とかが多いので、

思い込みや勘違いもあるかもしれないですが、以上が映画の感想です。

 

 

余談ですが劇中一貫して「ドームライブの開催」をテーマにしていたのは、

今後本当にドームライブを開催する伏線なのでしょうか?

5thライブは行けませんでしたが、次ライブがあったら是非行きたいところです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中