関東道の駅めぐり7日目 -埼玉県西部- [後編]

11月9日

9時40分:起床

 

よく眠れました。

 

朝の温泉は最高ですね。

IMG_0653

若干ですが紅葉が残っています。

 

朝ごはんは買っておいたパンです。

 

さて、この日は秩父散策ということで、

いくつかのスポットを見て回ります。

本当は1つの場所を1日書けて探検するのが良いのですが、

初心者がいきなり探検というのも無理があるので

既存のスポットをいくつか見て回る形にしました。

 

まず最初は、前回秩父に来た時に知った駒ヶ滝隧道を見に行きます。

 

11時半:出発

 

R140を山梨方向へ進んですぐです。

隧道の東側(秩父側)抗口には駐車場があるので、

ここに車を停めてDAHONに乗り換えます。

IMG_0655

 

そして抗口がこちらです。

IMG_0654

塞がれてからほとんど状態が変わって無さそうで、

ほぼ使われてた当時のままのようですね。

 

この先は遊歩道を通ります。

スクリーンショット 2015-11-30 19.15.19

遊歩道中に現れるのが二瀬隧道

IMG_0657

また、こんな案内図もありました。

IMG_0659

吊橋の先の廃キングコースについては書かれていませんね。

 

遊歩道から上に行ける道があったのでのぼってみました。

結構息が切れました。

体力が無さすぎる。

 

ダム前の交差点の俯瞰です。

IMG_0666

 

なにやら工事をしているみたいですね。IMG_0667

R140に降りて確認。取水設備の工事だそうです。

IMG_0663

 

秩父湖すなわち二瀬ダムの名盤。

けっこう綺麗だけど最近作ったんですかね?

IMG_0664

 

交差点に出る中央抗口

IMG_0665

 

西側(山梨側)に移動します。

これは隧道時代の待機場所跡ですね。

片側通行なので抗口の手前で待たないといけなかったのですね。

IMG_0672

 

西側抗口。

中もちょっと見れますけど割とそのまんまみたいですね。

 

 

そのままの流れで次は吊橋を渡りに行きます。

前回渡ったものじゃないもう1つの方です。

R140をさらに西に進むと、南側に前回渡った大洞川吊橋があります。

 

そしてもう1つのがこちら、荒川吊橋です。

12時半:荒川吊橋に到着

 

工事のためか、湖は枯れていました。

逆にあまり見られない景色かもしれないですね。

相変わらず吊橋は蜘蛛の巣が多かったです。

 

吊橋を渡り切ると、塞がれた廃キングコースが。

IMG_0684

 

たまに板に穴があるので注意です。

IMG_0682

 

ちなみに、R140沿いに一部遊歩道が並走していたので、

通ってみました。

スクリーンショット 2015-11-30 19.46.00

 

こんな感じで道路より少し低い位置にあります。

IMG_0689

水は枯れてましたが、紅葉はまだ残っていて綺麗でした。スクリーンショット 2015-11-10 0.13.13

IMG_0690

 

R140沿いで発見した廃小屋。

中に椅子が沢山入っていたけど一体何に使われていたんでしょうか。

 

 

続いては滝沢ダムに行きます。

13時半:出発

 

R140を一度秩父方面へ戻り、

分岐で左折して再び西へ進みます。

 

14時:滝沢ダム到着

 

IMG_0697

駐車場があって、観光客がちらほらいました。

 

ダム堤の上を歩くことが出来ます。

こっちが西側

IMG_0698

 

東側からはループ橋が見れます。

 

堤防中央のエレベーターから下に降りることが出来ます。

IMG_0704

いざ、監査廊へ

 

B1は管理者用、B2が観光客でも入れる場所になっています。

1分半もあればB2に着きます。

 

監査廊には、ダムができるまでの変遷写真や

周囲に生息する植物のことなどが展示されていました。

IMG_0710

 

監査廊を抜け、階段を上ると外に出られます。

IMG_0711 IMG_0707

IMG_0713

 

下から見る放水口は大迫力でした。

IMG_0721

 

ちなみに堤防両端にある階段でも下まで行けるようですが、

この日は閉鎖されていました。

閉鎖しているのは上側だけなので、

何も見ずに下から登っていくと上で出られずに引き返す羽目になるので、

必ず上で確認してください。

(引き返している家族を目撃しました。)

 

ダムから川へ

IMG_0718

 

ここから東へ行くと、不動滝というのがあるらしいです。

ちょっと行ってみます。

スクリーンショット 2015-11-30 20.00.43

 

監査廊を出て吊橋で川を渡ると不動滝へ繋がる道があります。

 

落ち葉がすごかったです。

IMG_0735

 

ループ橋をくぐるので、下から。

すごく細いですね。

IMG_0724

歩くこと10分、駐車場が出てきました。

IMG_0725

滝沢ダム総合案内なる看板がありました。

IMG_0726

 

おや?

 

そこには”市道”の文字が。

GoogleMapsだとストリートビューもなく、

通れるのかよくわからない道だったのですが、

調べてみると最近整備された市道だそうです。

帰りがけに通ってみることにしましょう。

 

というわけで不動滝に到着。

ここは私以外の人間がだれひとりとしていませんでした。

 

横には堂と水が。

 

14時50分:車に帰還

 

ここで道の駅みなのに行っていないことを思い出しました。

道の駅みなのは17時半までなので、

遅くとも16時には秩父を出ないと間に合わなそうです。

 

少し巻きで残りの探索をします。

 

15時10分

 

R140を滝沢ダムからすぐ西にある橋、

なにやら橋の横に逸れる道がありますね。

IMG_0746

北側から見てみると、それが道であったことがわかります。

IMG_0749

そしてここ、橋をくぐる道。

 

それでは地図を見てみましょう。

スクリーンショット 2015-11-30 20.27.31

お見事、旧道発見ですね。

橋の名前は滝の沢橋。

IMG_0744

竣工年はわかりませんが、

 

橋がかかる前から使われていた道ですね。

 

ここからR140を更に西に進んだ所

スクリーンショット 2015-11-30 20.41.05.png

ここでまた橋の旧道を発見しました。

 

橋の名前は新遊仙橋。

IMG_0760

 

西側はR140から入ることが出来ます。

IMG_0752

 

DAHONに乗り換えて、実際に通ってみました。

 

ダムに貯まった土砂を堆積する場所だそうです。

 

東側はこの通り、塞がれています。

完全に工事用道路になっています。

IMG_0759

 

路面には大きな落石がありました。

何気にアブナイですね。

IMG_0757

 

以上、サクッと旧道探索をしました。

 

最後は、さきほどの市道を通って帰ろうと思います。

 

スクリーンショット 2015-11-30 20.46.48

 

滝沢ダムの南側を通るようになっています。

名前は秩父市道大滝13,209,199号線、別名右岸道路です。

(滝沢ダムの北側を左岸、南側を右岸と言います。)

1本の道路ですが、3つの道路が繋がった形みたいですね。

秩父市のこちらの資料がわかりやすいです。

ちなみに夜間や冬季は閉鎖されるみたいです。

 

資料にもある通り、供用開始が4年前の2011年とあって、

路面はとても綺麗です。

幅は1.2車線くらいで山沿いなのでかなりカーブが多いです。

運転する分には楽しいですが、

事故には気をつけないといけません

バイクや自転車だともっと楽しいかも。

 

対向車が来たらすれ違いが大変ですが、

私が通った時は1台もすれ違いませんでした。

 

市道13号の途中、塩沢望郷広場なるものを発見。

この付近にあった塩沢集落のことが書かれています。

どうやらこの市道よりもダム側に集落があったようです。

今ではただのダムですが。

 

そしてこの望郷広場の反対側(ダムじゃない方)には塞がれた道路がありました。

IMG_0770

市道と同じ舗装がされていましたが、

草が生えっぱなしで使われているのかよくわかりません。

GoogleMapsで見てもこの先道の表記はありませんでした。

実際に入って見てみたいですね…気になります。

 

ここから運転すること10分、

滝沢ダム堤防右岸に来ました。

IMG_0772

右岸からの景色、なかなか穴場なのではないでしょうか。

 

16時

そのままR140に合流し、秩父を離れて道の駅みなのを目指します。

自分の予想デッドラインギリギリですね。

 

ひたすらにR140を皆野方面へ。

 

17時:道の駅みなのに到着

 

秩父鉄道をまたぐ踏切が多く道路が結構混むんですけど、

案外間に合いました。

 

そろそろ店じまいかなという雰囲気のなかでスタンプゲット。

これで埼玉県の道の駅コンプリートです。

 

当初の目標だった茨城県の道の駅は全部で11なのに対し、

埼玉県は19もあるのですが、こちらもコンプリートすることができました。

この数ヶ月間、9日間で30以上もの道の駅を訪れることが出来たということで、

とてもいい思い出になっています。

スタンプだけで軽く済ませてしまった道の駅もあるので、

何度も訪れて深く知りたいと思います。

 

そしてこの日やらなければならないことは残す所夕飯と帰宅のみ。

実は朝大滝温泉でコンビニパン食べて以来何も食べてないので、

流石に空腹マックスです。

 

何か良いお店はないものかというところで、

素晴らしいウェブサイトを見つけました。

その名も

籠原ウォーカー

です。

名前の通り、籠原(埼玉県熊谷市の地名)を中心として

グルメなんかを紹介しています。

範囲は広く、熊谷、深谷、東松山、吉見、嵐山あたりが多いですね。

 

そしてここを参考に今回選んだ夕食のお店は、恵美須屋食堂さんです。

関東自動車道東松山IC近くにある洋食屋さんで、

年中無休11〜24時営業です。

 

その魅力はなんといってもデカ盛りで安いことです。

1000円程度あればお腹いっぱいになれます。

 

定番メニューはソースかつ丼、カツカレー、カレーラーメンです。

 

中でも今回は特に有名な恵美須カツ丼をいただきました。

 

18時半:恵比寿屋食堂入店

 

食べログで話題の恵美須カツ丼

その実態がこちら。

IMG_0777

今回の記事の中でも一番大きな写真でお送りしております。

どうでしょうか、このビジュアル。

カツが立ってますね。

写真だと隠れてますけど全部で4切れ乗っています。

しかも1切れが大きくて分厚い。

 

ソースたっぷりの四元豚ソースカツで、

なんと1188円!

ご飯大盛りはプラス100円、特盛りはプラス150円です。

半分の量でも同じ値段取れるんじゃないかってレベルです。

 

今回私はご飯大盛りにしました。

 

このままだと食べにくいので、別皿に移して食べます。

お箸に加えてナイフとフォークもついてくるので、

別皿で一口大に切って食べられるのが嬉しい。

私はそのままかぶりつきますけども。

 

重要なのはそのお味、

分厚くてしっかりしてるのにちゃんと噛み切れる、

ほどよい柔らかさです。

ソースはたっぷり染み込んでいて、

ご飯がよく進みます。

もう美味いしか言えない。

 

あまりにもお腹を空かせていたためか、

結構な量でしたが完食しました。

めちゃくちゃお腹すいてる時じゃないと食べきれないくらいの量があります。

最後の1切れあたりで苦しくなってきますね。

 

ちなみにお店は一昔前のレストランという雰囲気で、

すこし古めかしい感じが良いです。

客が私しかおらず、

店員は男性の方1名だけだったのですが、

ファミレスチェーンが比べ物にならないくらい丁寧な接客で、

とても気持ちが良かったです。

機会があろうものなら何度も訪れたいお店でした。

 

今回の旅の中で一番熱く語ったのが最後の夕食ってのもなんかアレですが、

これにて終了です。

 

初めてのソロ車中泊旅、

寝袋があればだいたいなんとかなるということがわかりました。

(ただし冬は除く)

 

道の駅も埼玉と茨城をコンプリートして一区切りついた感じですが、

今後も道路探索のついでに寄ったりしたいです。

 

年末は忙しくなるので旅行してる暇はないですが、

また秩父行きたいですね。

 

次回、「雪、轟音、群馬の山奥にて」

 


 

 

11月30日

 

関東道の駅連絡会のマップに、

茨城県のオープン予定の道の駅が追加されました。

  • 道の駅「常陸大宮」(2016年3月)
  • 道の駅「ひたちおおた」(2016年7月)

これが以前(茨城北部を回ったとき)言ってたやつですね。

来年の夏は絶対行きましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中