DELL inspiron 15R SE 7520 のHDDを換装する

どうも。

今回は備忘録として、

ノートパソコンのHDD不良による故障を

HDD換装によって自己修理する流れを書き留めます。

 


製品

 

img_3654

修理するパソコンは、

DELL inspiron 15R SE 7520

購入したのは2013年4月なので、もう3年以上経っています。

後継機が出ているので、この型はもう販売していないと思います。

 


 

症状

 

このパソコンは過去に何度もぶっ壊れては直しを

繰り返してきました。

その問題のほとんどは、OSが起動しなくなるというもの。

 

そういう場合はだいたいリカバリディスクを使うと直るのですが、

リカバリディスクはおろかスタートアップ修復すら

立ち上がらなくなるレベルにまでなったので、

次なる手段としてOSをクリーンインストールすることで

強制的に解決していました。

 

こういった問題の主たる原因は、

HDDの損傷です。

 

OSクリーンインストールでだましだまし直したところで、

また同じ問題が発生するのは目に見えているので、

ついにHDDを新品に交換することにしました。

(パソコン新調する金があるなら是非そちらをおすすめしたい。)

 


用意するもの

 

  • 精密ドライバー
  • 内蔵HDD(2.5インチ, 9.5mm)
  • 新しいOSのインストールメディア

 

HDDはサイズが何種類かありますが、

このPCでは2.5インチ、9.5mmのものです。

1TBでだいたい6千円あればお釣りが来ます。

私は価格.comで売れ筋1位だった

TOSHIBA MQ01ABD100をドスパラの通販で購入しました。

(祝日の14時に注文したら1時間で発送完了されて、翌日午前に届きました。早すぎ。)

 

OSはお好きなものを用意してください。

私はMicrosoftが大学と提携して関係者向けに無料配布している

Windows7を使用しました。

(Microsoft Imagineというサービスです。旧名Dream Spark。)

.isoファイルを落として、USBメモリに焼きました。

 

 


手順

 

HDDを交換してOSをクリーンインストールします。

 

DELLの製品サポートのページで、

PCの底面に記載されているサービスタグを入力すると、

自分の使用しているPCについての情報を得ることが出来ます。

オーナーズマニュアルには分解方法が書かれているので、

そちらを参考にするとよいでしょう。

 

ではHDDの交換手順を説明します。

 

まずはACアダプタを外し、バッテリーを抜き取ります。

img_3656

電源が接続されていない状態で作業しましょう。

 

次に底面の3箇所のネジを外します。

IMG_36572.png

L字型のカバーがいくつかのツメでハマっているので、

ゆっくり剥がすようにして外します。

写真向かって上の方から外していくと外しやすいと思います。

 

カバーを外すと、このようにHDDとメモリが入っています。

img_3658

 

HDDを固定している4つのネジを外します。

img_36592

 

黒くて薄い弁がついているので、

これをつまんで少し上に持ち上げ(①)、

引っ張って端子から外します(②)。

IMG_36602.png

 

HDDを外しました。

img_3661

 

HDDの両側面のネジ2箇所ずつ計4つを外し、

固定用の薄い金属板を外します。

img_3662

 

が、

ここのネジがマジで固い。

全然回らん。

 

どう頑張っても1つしか外せませんでした。

もうマヂ無理。

img_3664

 

でも金属板のカバーが無いとHDDが固定できないし…

 

せや!

img_3665

強硬策に出ました。

この金属板はとても柔らかいので、

1つだけ外れたところからひん曲げて金属疲労でちぎってやりました。

持ち運ばないし、1箇所固定できてればいいよね…。

 

歪んだ切れ端はペンチで整形すれば問題なく装着できました。

img_3666

 

あまり推奨されない行為なので、みなさまに於かれましては

どうにかして外してください。

 

あとはHDDを外した逆の順番で取り付けて、

カバーを戻せば換装作業は終了です。

 

電源を入れたらすぐに[F12]キーを押して、

予め作成したインストールメディアの入ったUSBメモリを挿入し、

USB Storage Deviceを選択して起動します。

img_3669

CDやDVDの場合はそちらを選択してください。

 

あとは通常のOSインストールになります。

img_3672

 

 

このままOSインストールを終えても、

無線LANやグラフィックなどのドライバが何もない状態ですので、

必ず購入時に付属していたドライバインストールメディアから

適宜インストールしてください。

 

おわり。

 


 

余談

 

今回取り上げたDELL inspiron 15Rですが、

HDDの換装手順をググって出てくるのはだいたい

私の使っているものの後継機になります。

どうも私の使っている型についてのHDD換装方法が書かれた記事が

見つからなかったので、こちらで紹介しました。

ついでに製品仕様書にHDDの仕様が書かれていなかったので、

まとめて書き留めておきました。

 

たいていのノートPCだとHDDやメモリの換装は

今回のように底面のネジをいくつか外すだけで簡単に交換できるのですが、

どうやらそのinspiron後継機は

キーボード、パームレスト、ディスプレイ、マザーボードまで外さないといけないようで

ちょっと面倒な感じになっているみたいですね。

BTOパソコンが売りでオーナーズマニュアルまで用意するのに、

なんでこんな面倒くさい仕様にしてしまったんだか…。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中