お急ぎ九州一周ドライブの旅 2日目 -宮崎編-

2日目

ここは高千穂中心街。

 

混む前にボートの受付を終えたいので

9時にチェックアウト。

 

朝からコンビニでヨーグルッペを見つけてテンションが上がります。

IMG_7204.JPG

あとこっちではコンビニで肉まんを買うと

「酢醤油つけますか」って聞かれます。

関東のコンビニでは聞きなれないフレーズで思わず聞き返してしまいました。

 

ということで2日目は宮崎県です。

高千穂を楽しんだあと宮崎市街で美味しいものを食べようと思います。

 

高千穂峡

スクリーンショット 2017-04-28 15.50.36.png

 

まずは高千穂峡へ。

IMG_7202

ここでの目玉は高千穂峡のボートです。

手こぎボートを借りて真名井の滝まで近づくことが出来ます。

IMG_7198 (1)

 

市街地から少し離れるのですが、

有料の駐車場があります。

 

まだ9時過ぎですが、もう結構人がいました。

ボートは全然並ばず、スムーズに乗ることが出来ました。

1隻あたり30分2000円です。

最大3人乗りなので、2人ずつに分かれて乗ります。

私は漕がずにずっと写真を撮ってました。

IMG_7284

 

こういった峡谷を下から見るのは初めてで、

とても幻想的でした。

IMG_7140 (1)

 

こちらが真名井の滝です。

IMG_7149 (1)

日本の滝百選に選ばれているそうです。

あんまり大きくはないですね。

 

きれいな柱状節理です。

IMG_7171 (1)

IMG_7163 (1)

 

朝でもそこそこ客がいるので、

ボート同士すれ違う技術が必要です。

とはいえそんなに難しいことではないので、素人でも気軽に楽しめます。

別のボートを漕いでいる友人は

浮きに引っかかっていることに気づかず

延々と進まないボートを漕ぎ続けていて滑稽でした。

 

ちなみに課金して餌を買えば

カモのフレンズと触れ合えます。

IMG_7181

 

ボートだけでなく、川沿いを歩く散歩コースや、

駐車場周辺にお土産屋さんやお食事処があります。

流しそうめんもできるんです。

IMG_7203 (1)

私は高千穂の梅酒を買いました。

 

さて、ちょうどお昼時なのでご飯を食べましょう。

今回はググったら出てきた隠れた名店「天庵」のお蕎麦です。

山といえばお蕎麦ですからね。(自分調べ)

11時のオープンちょうどに行ったのでとても空いてました。

 

お蕎麦のコースというものがあったので、そちらを注文。

1300円くらいだったかな。

お蕎麦のコースって初めてだったんですけど、

出てくる1品1品の全てが美味しかったです。

前菜は地域の食材・季節を感じられ、

天ぷらのお塩にはそばの実が使われていて

サクサクの衣とコリコリしたそばの実で食感まで楽しかったです。

さつまいもの天ぷらが薄切りだったので

パサパサ感がなくて天才だなと思いました。

デザートにはそばの寒天という、徹底したそば尽くし。

そばの風味がさわやかで美味しかったです。

あとお箸の先端が細いものだったのもグッド。

 

幸福な食事を済ませたあとは、

どうしても高千穂で行っておきたかった

高千穂鉄道スーパーカートです。

 

高千穂鉄道スーパーカート

JRから転換し私鉄になりながらも運行を続けていた高千穂鉄道高千穂線。

しかし台風の被害を受け、線路の復旧ができなくなりました。

それでもこの路線を残したいという思いで

カートにして見学できるようになっています。

 

高千穂鉄道のおおまかな沿革

以下は操業当時の軌道(だいたい)

スクリーンショット 2017-04-28 16.11.00.png

延岡駅から高千穂駅までを結んでいました。

前回名前が挙がった九州中央自動車道のように、

鉄道においても昔から延岡から熊本へ結ぶ路線が計画されてきました。

戦争を乗り超えながらも、延岡から少しずつ線路を伸ばしていき、

高千穂まで完成。

その後も高森を目指して着々と工事が進められますが、

掘削中のトンネルで水脈を切断してしまい水害が発生。

結局復旧するまでの間に鉄道そのものの需要が縮小し、

工事は中止となりました。

 

熊本側からは高森線ができていたのですが、

私鉄化後もこの2つが繋がることはありませんでした。

工事の進捗自体は3割程度で、

あと7年あれば全線開通できると言われていたそうです。

 

そしてその後、高千穂線は台風に見舞われ、

線路が流されるなどの被害を受けました。

復旧には莫大な費用がかかり、

復旧費用に対する需要がそこまで高くなかったため

廃線となりました。

 

不幸が重なった結果として九州横断鉄道は幻となりましたが、

もし水脈事故や台風がなければ実現していたのでしょうか。

やはり廃線に隠されたドラマというものは

儚くもロマンがありますね。

 

スーパーカートで見学できるのは、

高千穂駅からその次の天岩戸駅と通って岩戸川を渡る橋梁までです。

スクリーンショット 2017-04-28 16.33.17.png

40分ごとに出ているので、受付で事前にチケットを買って入ります。

駅はこんな感じ。

IMG_7213 (1)

 

カートは自動車を改造したような感じですかね。

ハリボテ感の高い外装がアトラクション感を高めます。

DSC03917

最大30人乗れますが、この日は空いていて十数人とかでした。

 

出発すると、運転手のおじさんがガイドしてくれます。

まあ高千穂線の沿革とか、カートのスペックとかそんな感じのことを

たくさん喋ってくれますが、あんまりよく聞き取れないです。

 

客席から前を見るとこんな感じで、あまり前が見えないです。

 

DSC03921.JPG

線路を見るときには

延々と伸びていく軌道を見通したいところなので

ちょっと残念です。

 

にしても景色はとてもいいです。

IMG_7225 のコピー

 

トンネルに入ると、

なんとイルミネーション()の演出が。

要ります?これ。

 

天岩戸駅に着くとちょうど橋の手前で、

風量などをチェックしてから進んでいきます。

ここを通れるようにするのもけっこう大変だったんだとか。

 

さあ、こちらが高千穂橋梁の景色です。

中央部でしばらく停まってくれます。

IMG_7240 のコピー

IMG_7245 のコピー

この写真を取るために

けっこう頑張って腕を高く上げなければならなかったので、

客席の車高をもう少し高くしてほしいなと思いました。

 

客席の床の一部が透明になっていて下を見ることが出来ます。

とは言え線路がありますからそんな怖くはないです。

 

ここでおじさんがシャボン玉を撒き散らす演出があります。

正直これも要らないんじゃないのと思いますが、

ご高齢のおじさまが一生懸命シャボン玉を撒き散らす光景は

なかなか見られないので、

これはこれで珍しいものを見られたかなと思います。

 

あとは橋の奥まで行って、そして来た道を高千穂駅まで戻って終わりです。

 

総括としては、

一般人が立ち入り難い部分を見学できるようになっているのはいいのですが

ところどころ惜しい部分があったのが残念です。

橋の先も見られるように整備を進めると言っていたので、

この先の活動も頑張って欲しいです。

 

駅の待合室にも資料なんかがあったので、

目を通したりするといいと思います。

 

一応これで高千穂のノルマは終了したのですが、

予想以上に空いていて時間が余ったので、

ガイドのおじさんが話に上げていた天岩戸神社に

なんだかよくわからないですが行ってみることにしました。

 

天岩戸神社

ちょっと離れたところにありますが、車で行けばそこそこ近いです。

スクリーンショット 2017-04-28 17.11.07.png

無料駐車場があるのでそこに車を置きましょう。

 

神社についてはよくわからんですが、

とにかくこの神社の先に天安河原というパワースポットがあります。

神社から少し歩きます。

たしかこんな感じで川沿いを歩いてったと思います。

スクリーンショット 2017-04-28 17.17.09.png

 

河沿いの道はとてもマイナスイオンって感じでした。

 

で、まあまあ歩くんですけど、

そこはパワースポットの名に恥じない不思議な空間でした。

IMG_7271 のコピー

もうこれでもかってくらい石が積まれていて鳥肌が立ちました。

オタクたちが積んできたCDを寄せ集めてもここまでにはならないでしょう。

IMG_7274 のコピー

これが崩れずにずっとあるんだから、

本当に不思議です。

そういうわけで、

こんな場所はどこを探してもここだけ何じゃないかと思うんで

ぜひとも立ち寄ってみては如何でしょうか。

 

道中にあったソフトクリームがおいしかったです。

なんか地元のお茶のソフトクリームです。

IMG_7278

やっぱり山って最高。

 

なんだかんだ1時間くらいすごしたところで、

14時台ですが宮崎市街へ向かいます。

これがまたなかなかの距離で2時間半くらいかかりました。

<経路>

R218→北方延岡道路→延岡JCT→東九州道→宮崎西IC

スクリーンショット 2017-04-28 17.26.53.png

やはり一度延岡まで戻る必要があります。

東九州道は延岡南からまた有料になります。

 

宮崎市どまんなか、宮崎駅近くにホテルを取ったので

先にチェックインをします。

大淀川沿いにリゾートホテルがたくさん立ち並んでいる中で、

今回泊まった「ホテル浜荘」はひときわ一昔前の雰囲気が強く、

またもアロハシャツの明るいおじさんが出迎えてくれました。

このエレベーターの感じからもその古き良きが伝わるでしょう。

IMG_7286.JPG

トイレも和式だし、本当に素晴らしいなと思いました。

大浴場が温泉で、和室10畳1人3000円弱です。

IMG_7283.JPG

駅からこんなに近いのにこの安さ、頭が上がりません。

駐車場はホテルの前のスペースに適当に並べてくれというラフな感じでした。

この軽さがストレスフリーで良い。

 

さて、時間は17時とちょっと早いですが夕飯にします。

宮崎といえばチキン南蛮、ということで

チキン南蛮発症のお店「おぐら」を訪れました。

この日は本店のほうが定休日だったのですが、

ホテルから近い瀬頭店はやっていたのでよかったです。

時間早めだったおかげで空いてました。

ていうかそれ以前に店内がめちゃくちゃ広くて席数多かったです。

 

外観も内装も黎明期のファミリーレストランという感じでした。

メニューはチキン南蛮だけでなくハンバーグステーキとかとんかつとかカレーとか

とにかくオーソドックスという感じ。

で、せっかくなのでチキン南蛮定食を注文。

IMG_7287.JPG

全体的に量は多いです。

ザ・チキン南蛮と言う感じで美味しかったです。

タルタルソースは裏切らない。

普通にコスパの高いお店でした。

 

時間が余ったので近くでボウリングをして

帰って温泉に入って寝ました。

今日は高千穂に前入りしていたおかげで、

距離の割に時間的には余裕でしたね。

 

次回は鹿児島です。

つづく

 

広告

お急ぎ九州一周ドライブの旅 0日目〜1日目 -大分編-

まえがき

大学の卒業旅行として、

車で九州一周してきました。

(福岡は行ったことあるので除く)

(沖縄は除く)

(みんなそのまま大学院にスライドするから実質卒業じゃない)

 

移動も含めて6日で完結する旅ですが、

割とインスタントに九州を堪能する方法としてご覧ください。

 

人数は4人。

旅のお供はホンダのフィットです。

 


0日目

今回の旅のメンバーのうち

佐賀に実家を持つ友達がいたため、

ご家族のご厚意で前泊&車の貸し出しをしていただけました。

マジ感謝です。

 

まずは佐賀に向けて出発します。

今回使用したのは春秋航空の成田-佐賀便。

片道1万円前後と格安です。

(セール時には4千円とかになってたり)

 

発着は成田空港第3ターミナル。

空港第2ビル駅及び第2ターミナルからは徒歩で行くのがおすすめです。

(連絡バスはルートの都合上迂回せねばならず、

徒歩と同じかそれ以上に時間がかかります)

徒歩経路は看板や地面にわかりやすく表示されているので、

多分迷わないと思います。

 

乗り心地についてはよくあるLCCという感じです。

飛行機でだいたい1時間半程度、

今回は遅延したので2時間以上かかりました。

 

ただでさえ私と隣の友人がカーキのMA-1で被ってるのに、

さらに隣のオジサンまでカーキのMA-1だったので

私はすぐに上着を脱ぎました。

なんで佐賀行きのトムクルーズが3連番しなければならないんだ。

 

佐賀空港に着陸したのが18時50分、

そこから佐賀駅へのバスが19時発なので

さすがに間に合わないだろうと思ったのですが

間に合ってしまいました。

地方空港の小ささゆえですね。

助かりました。

 

なんかロビーに出る時に地元の人たちが

法被を着てお出迎えなムードでした。

それよりも我々は早くバスに乗らないといけないし、

そんなテンションを上げているほどの体力も残っていなかったので、

(なぜなら前日に友人の引っ越しを手伝ったあと深夜まで起きていたからである)

ただバス乗り場を目指して素通りをする他ありませんでした。

ごめんね。

 

佐賀駅行きのバスは2枚綴りの回数券なら片道500円です。

通常は600円です。

30分で着きます。意外と遠いんですね。

 

夜ということもあり、

車窓からは虚無が広がっていました。

遠くに高架道路の街灯は見えますが、

それ以外はただの闇が広がっています。

 

佐賀駅で友人のご家族に拾っていただき、

近くの温泉に入るなどして

0日目を終えました。

 

ちなみにこのタイミングで明日の宿をとりました。

なお、今回の旅では宿は前日に楽天トラベルで予約します。

車移動だとある程度ルートに幅を持たせられるので、

宿の場所にも融通がききやすいのがメリットでした。

そもそも前日夜でも4人泊まれる宿が空いていることが素晴らしいですね。

しかも安い。

 

ところで、

この地方ではイオンモールよりも「ゆめタウン」が覇権を握っている

という知見を得ました。

つづく

 


1日目

大分は由布院・別府を訪れたいと思います。

以下は佐賀の虚無です。

暗くても明るくても同じですね。

IMG_7024 (1).JPG

高速道路で1時間位で由布院に着きます。

<経路>

東脊振IC→長崎道→鳥栖JCT→大分道→由布院IC

スクリーンショット 2017-04-27 23.11.25.png

高速を降りたあと

スクリーンショット 2017-04-27 23.19.32.png

緑の線のところで食べ歩きができます。

駅からもそこそこ近いですね。

周辺にコインパーキングがたくさんあるので、

車はその辺のあいてるところにぶち込みましょう。

 

由布院

ちなみに由布院は昨年ミリマスツアーで訪れていたので、

予習はバッチリでした。

IMG_7582

由布院食べ歩きは1往復するだけで軽く1,2時間楽しめます。

他では売ってないようなものばかりで

鶏天とかなんかよくわからないスイーツとか美味しかったです。

IMG_7039

 

オススメは金賞コロッケです。

由布院だけでなく太宰府とかにもあるんですけど、

金賞の名に恥じない美味しさなので一度食べてみると良いですね。

 

食べ物だけでなくお土産・雑貨も充実していて、

アースエコロジー系女子が喜々として買いそうなものばかりで

自然派の顔つきになりました。

 

ちょっと時間が余ったので、

道を外れて近くの金鱗湖にも寄ってみました。

IMG_7584

道中とっても穏やかです。

そしてこちらが金鱗湖です。

IMG_7583

それ以上でも以下でもないです。

 

ちなみに、

道中にある木造めいた飲食店「十時」の鶏天は

鶏天とも唐揚げとも取れない何か

なのであまりおすすめできません。

店員のおばちゃんもいるんだかいないだかという感じで、

鶏天丼と称したおじやのようなものが出てきて、

美味しいんだか美味しくないんだかという感じです。IMG_7045

 

そういうわけで由布院では2時間半くらい、手軽に散歩を楽しみました。

次は別府に行きます。

近いので高速道路を使うまでもないですね。

だいたい30分位です。

<経路>

見ての通り山道ですが、

木が排除されてたりして広かったりするので景色がいいです。

スクリーンショット 2017-04-27 23.31.11.png

 

IMG_7049 (1)

緑と茶が道路を隔ててきっぱり分かれている図。

 

そのまま国道500号に接続します。

R500は片側2車線のよくある国道ですが、

常に傾斜していてずっと広い道路を上り続けるみたいなことになるので、

関東平野ではなかなか出会えない光景ですね。

 

別府

温泉は無限にあるのですが、

とりあえず今回は定番の地獄めぐりをします。

下のように7ヶ所の地獄と呼ばれる珍しい温泉が湧いていて、

見学できるようになっています。

スクリーンショット 2017-04-27 23.43.30

まずは海地獄のところに広い駐車場があるので

そこに車を停めて徒歩で周辺5ヶ所を回ります。

1ヶ所あたり入場料が400円とかそこらですが、

どこの窓口でもいいので共通入場券を2000円で買うと

全てに入れるようになりお得です。

 

我々は鬼石坊主地獄からスタートしました。

IMG_7063 (1)

なんか泥のようなところからポコポコと噴出しているのを

無限に眺める場所です。

足湯もあります。

IMG_7077

ポカポカ陽気できもちよかったです。

 

続いて隣の海地獄

IMG_7086 (1)

まさに海のようなエメラルドグリーンと、

沸き立つ湯気が綺麗でした。

ここにも足湯がありました。

 

続いてかまど地獄

IMG_7095 (1)

なんでこんなハリボテ感満載のちゃっちい作りにしたんでしょうね。

 

ここは番地が振り分けられていて、

色んな種類の地獄が見られるバラエティーに富んだ場所です。

地獄めぐりを縮小したミニ地獄めぐりといったところ。

 

そして鬼山地獄

IMG_7111 (1)

鬼山というかワニ山地獄です。

ワニしかいません。

多分一生分のワニを見たと思うので、

今後ワニを見ることはないでしょう。

 

と、ここで

現在16時をとうに回ったところですが

残りの血の池地獄の営業時間が17時までということで、

かなり急がないといけません。

 

この周辺最後の白池地獄ですが、

他に客がいなかったのも相まって

ダッシュで駆け抜けました。

なんかピラニアとか展示されてた覚えがあるのですが

足早に通り過ぎてったのでなんとなくしか覚えてないです。

ピラニアはすごい。

IMG_7585

塀と木で囲まれていて庭園みたいになってました。

 

ダッシュで駐車場まで戻り、

車で残り2ヶ所へ向かいます。

血の池地獄のところにも広い駐車場があるので

そこに車を停めます。

 

籠池…じゃなくて血の池地獄は

その名の通り赤い血の池みたいです。

IMG_7115

色が真っ赤ではなく赤褐色っぽいのが自然物っぽいですね。

 

そして最後の龍巻地獄

ここは間欠泉がある時間ごとにプシャーってなるところです

着いた時にはちょうど前回のプシャーが終わった直後だったので、

30分以上待つ羽目になりました。

再入場できないので結構退屈でしたが

翌日のホテルを予約するなどして時間を潰しました。

お土産屋さんもあるのでその辺を見ているといいでしょう。

 

そしてお待ちかねのプシャー

IMG_7586

なるほどという感じです。

 

というわけで、2時間半くらいかけて地獄めぐりをしました。

大変珍しいものばかり見られて、

まあ1回来ればもう十分かなという感じです。

 

観光も一段落し、あとはご飯と風呂を済ませて宿へ向かいます。

 

まずご飯ですが、大分といえば鶏天、

ということで鶏天発祥のお店に行きました。

店名は「東洋軒」

日豊本線沿いで地獄めぐりからも近いです。

ちょうど夕飯時に着いてしまい30分位待ったのですが、

19時には席に座れました。

さすが、人気のお店のようです。

 

もともと中華料理屋さんらしく、

鶏天メニューもあったのですが、

今回は鶏天を含んだ中華コースにしました。

1人2500円ほど。

 

かなりボリュームがあって、

量・味ともに価格以上のもので良かったです。

やはり本場の鶏天は美味しいです。

次回は鶏天メニューを食べてみたいですね。

それから別で頼んだ四川麻婆豆腐

IMG_7129

べらぼうに辛くて美味しかったです。

 

さて、

これから宿に向かうと0時をまわる可能性もあり

温泉は諦めかけたのですが、

1時間だけなら大丈夫そうだったので

ググって出てきた近くのお店に行きました。

やはり別府に来たからには温泉は外せません。

 

今回訪れたのは「ひょうたん温泉」

18時以降560円と結構安く、まあ普通の温泉という感じでした。

欠点があるとすれば、

シャワーのあるメインの浴場が屋根付きにも関わらず外にいるような寒さで

とてもつらかったです。

あとビン牛乳が無くて残念でした。

それ以外は滝湯があったりして面白かったです。

 

そんなこんなで21時ごろ、

高千穂の宿へ向けて出発します。

高千穂のボートを早めに予約したかったので、

前入りする形にしました。

 

別府から高千穂の場合地図上は山道を通ると早そうなのですが、

所詮は山道なので、やっぱり高速で迂回したほうが早いです。

夜の空いている道路でも2時間半かかりました。

<経路>

別府IC→東九州道→延岡JCT→北方延岡道路→R218

スクリーンショット 2017-04-28 0.41.28

こうしてみるとやっぱり頭のおかしい経路ですね。

これが最適解なんですけども。

ちなみに東九州道は最近繋がったばかりで、

特に佐伯-延岡南間は無料区間になっています。

ありがたいですね。

ただ片側1車線供用なので昼間とかはあまり効率の良い道路ではなさそうです。

また、北方延岡道路は九州中央自動車道として整備が進められている道路です。

最終的には九州を横断して熊本まで繋がる予定ですが、

まだまだ先の話になりそうです。

現在は13km程度しか整備されておらず、そのまま一般道R218に接続します。

無料区間になっており、片側1車線なのでちょっと早い一般道みたいな感じです。

 

高千穂に着いたのは23時半ごろ。

今回泊まるホテルは「ビジネスホテルかなや」

高千穂の町の中心に位置しながら1人あたり1泊3500円という安さ。

サービス・アメニティもビジネスホテルとしては申し分ないです。

外観も内装も一昔前のリゾートホテルのような古めかしさで興奮します。

フロントには古田新太さんみたいなアロハシャツのおじさんがいて

丁寧に対応してくださりました。

(無料駐車場あります。)

 

以上、大分編でした。

次回宮崎編につづく